暴走書家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

『白香桜乱-4-』

 新しい家で新生活を僕と彼女は向かえる。
 それなりの必需品、家具などは、彼女の実家から、見てわかるのだが、値の張るものが用意されていた。
 衣服や、日用雑貨に関しては、それぞれが持ち込んだが。

 一応は、新婚初夜、な訳だが、その時、彼女からはっきりと言われた。
 僕の事は好きだけれど、子供を作る気はないし、その為でも、その為でなくても、性的交渉を持つ気は無いと。
 それが不満なら、他の女性を探せばいいし、そっちの方が良ければ、今からでも、そっちを選べばいいと。

 子供に関しては、僕自身、それ程積極的に欲しいとは思わなかったし、彼女が望まないのに、彼女との間に、性的交渉を、そう、直接的な性的交渉を強いる気はなかった。
 それでも、彼女が好きだし、彼女は、僕が、誰か他の女性と、性的交渉を持つ事になっても、気にしないのだろう。
 しかし、僕は、それだけの為に、他の女性を探す気にはならなかったし、おおよそは、わかっていて、僕は彼女を選んだのだ。

 僕が、彼女に対して、性的欲求を起こさなかったか、と言うとそうではない。
 彼女を、実際に抱く日は来ないのだろうけれど、僕にとっては、彼女は、それでも十分魅力的だったし、性的衝動として、ペニスが勃起するのを抑える事は出来なかった。

 初めて会ってから、生活を始めても、彼女はやはり殆ど無表情だったし、それでも、ほんの時折向けられる微笑が、僕を魅了していた。
 彼女の裸体を知らないわけではないが、僕は、彼女のショーケースに入っている、白いワンピース姿の方が、好きだったし、その姿を、脳裏のうりに浮かべながら、自慰行為にふけっていた。

 一緒に生活していて、もし彼女が、こんな僕の姿を見たらどう思うだろう。
 絶対的とは言えないけれど、ほぼかなりの確率で、見つからないように行為を行うのは可能だったが、僕はそうしなかった。
 彼女に見つけられる日を、どこかで望んでいたのだろう。
 彼女は、浅ましいとののしるだろうか、不潔だとののしるだろうか、さげすむような目で僕を見るだろうか。
 それはそれでいいような気がしたが、彼女は、そうしないだろうと僕は思っていた。

 そして、実際、彼女に見つかった。
 夜に寝室で、僕と彼女のベッドは、少し間を置いて、個別におかれているのだが、彼女が入浴している最中に、僕は、自慰行為に及ぼうとしていた。
 その途中で、彼女が、部屋へやってきた。もう、寝る、と言うこともあって、彼女は、白いレースのネグリジェを身にまとっていた。

 彼女は、いつもと別段表情を変える事なく、自らのベッドに腰を下ろし、僕のほうを見ている。
 僕の、射精は、いつになく、早かった気がする。
 そして、一度射精して再び、ペニスが勃起してくるのがわかった。
 彼女に……見られている。
 そんな僕を見て、彼女は『ふふふ。面白いものね。男性の性器というのも。見ていて差し上げるから、そのまま続けてくださらない?』そう言って、微笑み、僕は、彼女の言葉に促されるまま、ペニスに手を這わせた。

 一度、射精しているけれども、彼女の視線にさらされて、僕は、さっきよりも興奮していると感じていた。
 『ねえ、もう少し、足を広げてくださらない? その方が、よく見えるでしょう』そういった彼女に対して、僕は、彼女の方を向いて、両足を広げ、下肢を露にして、ペニスを扱きたてていく。
 『……ん…達く……』
 『あら、駄目よ。もう終わりなの? つまらないわ。もう少し、楽しみたいでしょう?』
 僕は、達してしまいそうになりながら、射精を必死でこらえ、手を動かし続ける。
 ペニスの先端から、先走りが溢れ、その液体が僕が、ペニスを扱く手を潤滑じゅんかつにしていく。
 彼女は、ただ、見守っているだけだし、粘液が絡まり扱く時の僅かな音と、僕の、早まった呼吸の音が、その静寂の中を支配していた。

 放ってしまわないように我慢しながら、それでも、射精を追い立てるように手を動かし続け、やがて、込み上げている射精感に堪える事が出来ず、それまでの自慰行為の内で感じた事の無い、快感の中で吐精していた。

 『今まで、一人でしてたのね。でも、これからは、私の前でなさい。勝手に、一人でしては、駄目よ。』
 本来なら、一人で性的欲求を収める為に、行う行為だが、その時から、僕にとって、そうではなくなった。
 例え、彼女と交わる事がなくても、彼女の目の前で行う事によって、得られる快楽を知ってしまったから。

 そして……。

 『口付けてもいいですか?』
 そう伺った僕に対して、彼女は、僕の目を見て『ええ。』と返答した。
 僕は、彼女に歩み寄って、長い黒髪の毛先に唇を押し当て、入浴時に、洗ったのであろう、リンスの香りを嗅いだ。
 それから、彼女の足元にひざまずき、爪先に口付けた。
 それが、僕と彼女の、一つの関係の始まり。
 その為の、誓約せいやく
 僕が、彼女の唇に触れなかったのは、その方が、相応ふさわしいと思ったから。

 日常的に、大きく変わったことはない。
 結婚して、実家を出たけれど、仕事自体が変わるわけではない。
 籍としては、彼女が、僕の籍に入った事になっている。
 家事は……基本的に、それまで、僕も彼女もしてこなかった。
 けれど、彼女の為に、料理をする事を覚えた。
 朝食と夕食はそう。
 僕がいない、昼間、彼女はどうしているか。
 きっと何も食べていないと思う。
 僕が、どうしても仕事で遅くなって、食事を作れない時も。

 洗濯機は、割と好きみたいだ。
 クリーニングに出すものが多いのだが、家で洗えるもの、下着や、僕の普段着、タオル。
 全自動式の洗濯機だから、洗いや濯ぎは全部やってくれるのだが、それ以外は、彼女がやっている。
 それらは、いつも、綺麗に折り畳まれて、箪笥たんすの中にしまわれている。

 彼女は、『退屈しのぎ』にやっている、と言った株だが、かなり本格的にやっているみたいだ。
 元手が、実家から与えられた資金だからなのだろう。
 そう言ってのけるのは。
 僕と結婚してから、僕の会社の株式を購入しているし、その他、もう一つ、割と安定している、僕も知っている会社の株式も持っているようだが、その他の物は、僕には詳しくはわからないが、所謂いわゆる、ハイリスク・ハイリターンなものだ。
 具体的にどれくらいかは知らないが、それで、かなり収益を上げているから、その才能があったのだろう。
 それでも、彼女は、大きな損をしても、対して気にも留めないのだろうと思う。

 僕は、結婚するに当たって、彼女の大方の事は知っている。
 それが、彼女を形作っているのだし、僕は、そんな彼女に同情したのではなく、会っている内に、知っていく内に、ああ、だからそうなのだ、と何となく納得いく部分があった。
 奥深くまで彼女の心情はわからないが、それでも、彼女が興味を持ったのは、他の誰でもなく、僕なのであり、その彼女の持てる興味や、好意の範囲内で、僕は、彼女の傍にいられたら良いと思っている。

 彼女の、人間関係の希薄さもそうなのだろう。
 どれくらいの人間が、彼女とどんな関係にしろ親しくしているのだろう。
 恐らく、片手の指で足りてしまうのではないだろうか。


 そんな彼女に、惹かれて、僕は深みに嵌っていくのだが。
 だが僕は、この事に関して、後悔はしない。
 それは、僕自身も望んでいる事だから。

 今はまだ知らない。
 ただ、彼女の微笑みに包まれて、自らのペニスに手を這わせる。
 果たしてこれを、単なる自慰行為、と呼ぶのだろうか。

PageTop

『白香桜乱-3-』

 僕が、彼女に出会ったのは、ほぼ、仕組まれたお見合いだった。

 僕の家は、祖父の代に会社を立ち上げ、父が更に手を広げて、大きくした、今は、世間では、そこそこ名の知れたグループ企業である。
 ゆくゆくは兄が、跡を継ぐのだろう。
 次男である僕にも、それなりの責務は与えられており、同期として入社した人間よりも、その名前もある所為か、上司から、同じように扱っているのだろうけれど、どこか違う部分があった。
 跡を継がない、僕でさえそうなのだから、兄の時はもっと違ったのだろうと思う。

 兄の結婚は早かった。
 大学を出てすぐ、大学時代から付き合っていた彼女と結婚して、間もなく、子供が生まれた。
 両親が、賛成するも、反対するもなかった。
 その頃には、もう既に、兄の子が、彼女のお腹の中にいたのだから。

 彼女の家は、古くからの伝統のある、茶道の名家で、彼女自身の両親は、いないのだが、親代わりとして、育ててきた、彼女の実母の弟であり、現在の家元でもある。
 僕の父と、彼女の育ての父親がどうやって知り合ったかは知らないが、兄が勝手に結婚を早々と決めてしまったからか、『家柄』が欲しかったのか、彼女の方の家としても、彼女をどうにかしたかったからか、とあるパーティーで紹介された。

 今は、ワンピースを好んで着る彼女だが、その時は、着物を着ていた。
 その姿はその姿で、とても似合っていたと思う。
 紹介された時、挨拶が遅れて、見惚れるくらい、綺麗だったが、彼女は、僅かにも、表情を崩さず、僕があわてて挨拶をした時も、ただ無言で、興味なさげにしていた。
 何も言わない、彼女の代わりに、彼女の父親代わりの男性が、何かを話していたが、僕の耳には、あまり届いていなかったし、彼女も、その事を、気にとめる事は全くなかった。

 僕も僕で、あまり気の利いた事は話せていなかったと思う。
 彼女に何かを話し掛けても、何一つ返事は返って来なかったし、親代わりの男性が、何か話すようにうながしても、『いいえ。何も』と、ただ一言だけ発しただけだった。
 男性の方が、必死だったのではないだろうか。
 僕の事をさして『彼は、中々、優秀な人物でね』と色々、彼女に対して、僕が気恥ずかしくなるぐらいの事を説明していた。
 僕は、もしそんな事を僕自身の親の口から発せられていたら、確実に、途中で止めさせていただろう。
 会って、間もない男性だったから、それをどうやったら、角が立たないように止められるかどうかわからなかったし、そんな話をしても、彼女の方は、全くやはり、僕の方に興味を寄せる事はなかった。

 その男性に対して、やはり、他人から聞いても大げさに取れるのではないかと思われる説明も、きれる事もなく、本当にずっと無表情でいた。
 僕は、彼女に興味を持っても、仕方がないんだろうな、と思いつつも、本当に何一つ表情を変えない彼女にも、興味を持った。

 その後半ば無理矢理、それぞれの親に連れられて、そのホテルにある、レストランに行く事になったが、彼女は、それも別に気に止める事もなく、付いて来た。
 『そういえば、私はあまり詳しくないが、お前は、株をやっているんだろう? 彼の会社は、この不景気でも、中々好調らしいじゃないか』そう言った男性に対して、彼女は『ただの退屈しのぎですわ』と遮断した。
 男性も、彼女のその態度に慣れているのだろうし、それ以上は、男性が、彼女に何を言っても無駄だろう、親達は去り、僕と彼女、二人が、その場に残された。

 二人っきりになってしまえば、彼女は、依然、自ら何も話そうとしないし、僕も僕で、今まで付き合ってきた相手としたような話を彼女にしても、無駄だろうな、と思って、そのまま沈黙が流れた。
 どれくらいそうしていただろう。
 食事のための食器は全て既に下げられており、お茶の入った湯飲みだけが、テーブルの上にある。
 それを、時折、口にするだけ。

 『あの……こうしていても、つまらないでしょう? もう出ませんか?』そう提案した僕に対して、彼女は『私は別に構いませんわ。お先に、帰っていただいて、結構ですわよ』そう返答してきた。
 『はあ、でも、女性を一人残して帰るのは……。』やはり気が引けるのではないだろうか。
 『そのような事、気にしてくださらなくっても、構いませんのよ。ここから、家に帰るくらい、私、一人でも出来ますもの』
 『いえ、そうではなくて、ここにこのままいても、退屈ではないのかと。』
 『何故?』
 『何故……と言われても……』僕の方も困ってしまって、それでも、席を立つ事が出来なくって、再び、無言の時が過ぎる。

 うーん、こういうのって、気不味きまずくないんだろうか。
 初対面で、二人きりにさせられて、まるっきり無関心で、『かたわららに人なきがごとし』なのだろうか。
 僕が、ここにいてもいなくても、同じなのかもしれない。
 きっとそうなんだろうな。
 それなのに、ここにまだいる僕って何なんだろう。
 高飛車たかびしゃにものを言っているわけではないんだけど、相手を突き放しているような感じがする。
 そうすると、普通、相手は去っていくだろうな。

 彼女にとって、こういう事態は、初めてではないのではないだろうか。
 『失礼ですが、こういう風に男性と会わせられるのって、何度か、経験があるのですか?』
 『そうですわね。はっきりとは覚えていないけれど、3回くらいあったんじゃないかしら。』
 『いつもこんな感じなんですか?』
 『その時の相手によるけれども、私が何も話さないから、大概は、先に帰っていきますわ』
 『まあ、何となくわかります』
 『おわかりになるのに、お帰りにならないの?』
 『僕も、急いで帰る必要はないですから。』
 『あら、そう。』

 彼女は、どうもいい相手と、どうでもいい時間を、こうやって過ごしていて、何を感じているんだろうか。
 そんな彼女に対して、僕は何を感じているんだろうか。

 その時、僕は彼女に対して、何を言ったのか、忘れてしまったのだけれど、ふと、疑問に思ったことを口にしていた。
 そうしたら、彼女は、それまで、ずっと表情を変えなかったのに、ふっと微笑んだ。
 『面白い事仰られるのね』
 僕にとって、それはとても印象的だった。
 その一瞬の笑みが、頭に焼きついた。

 『あら……もう、こんな時間ね。そろそろお帰りになりませんこと?』
 『あ……そうですね。あの、またお会いできますか?』
 『わたくしと? 貴方あなたがお構いになりませんのでしたら。』

 そうして、彼女とその日は別れて帰った。
 家に帰って、一応親に、彼女と、再び会う旨を伝えたら、少し驚いていた。

 それから何度か会って、大して何か話をする訳ではないのだけれど、漠然とだけれども付き合っていき、彼女との生活をスタートさせる事になる。
 そして、色々、僕が知らなかった、新たな世界を知る事になるのだけれど。
 時折向けられる、彼女の微笑と共に。
 その微笑の誘惑に、僕はあらがう事が出来なかった。

PageTop

『白香桜乱-2-』

 僕と彼女が暮らす家。
 そろそろ、本当に寒くなってきたと、暖房が入り始めた。
 彼女が元々寒さに強いので、暖房を入れる時期も遅いし、普通に服を着ている僕の前で、彼女は、やはり、厚手でないワンピースに薄いストッキングを履くか、素足のまま過ごしている。

 彼女の足を汚すわけにもいかないので、僕は、いつもフローリングの床を、綺麗にしている。
 そう、本当にちり一つさえ落ちていないように、僕の舌で舐め取るくらい綺麗に。
 実際は、掃除用具を使うのだけれども、その綺麗な床を、彼女が歩いて行ったその足跡の軌跡きせきを舌でなぞりたい気分だ。

 そして、これからの事は、僕達にとって、ある意味、恒例化した事だった。
 始めは、少し抵抗があった。
 けれども、やはり、彼女が望む事だからと、僕もそれに慣れていった。

 彼女の、知り合いの男性なのだと紹介された。
 名前までは知らない。
 それは知る必要がない事だといわれている。
 僕も、特に知りたいとは思わない。

 ただ、彼女が、僕以外で、『知り合い』として、親しくしている男性。
 それだけで十分だった。

 彼女と、その男性にうながされて、僕は、着ている服を全部脱いでいく。
 下着も全部。
 彼女と、その男性は、服を着たままだ。
 僕だけが、全裸ぜんら
 それだけで、僕のペニスは、反応のきざしを見せていた。
 『いけない子だね』そう男性に言われて、そのペニスを強く握られた。
 そこには、痛みしかないはずなのに、僕のペニスは、えるどころか、さらに硬度を増していった。

 彼女は、いつも通り、ロッキングチェアーに腰掛けて、そんな僕とその男性の事を、眺めている。
 それも、いつも変わらぬ、綺麗で柔らかな微笑み。
 彼女の視線が、僕に向けられている。

 その男性から、『ほら、いつものようにしてごらん』とその行為を促されて、男性のズボンのジッパーに口を寄せると、チャックに歯を立て、引き降ろしていった。
 そうして、その男性のペニスを下着の中から出し、口に含んでいく。
 同じ男性のペニスを咥える事など、考えた事もなかったし、初めの内は、若干の抵抗感と、そして実際慣れていないことから、上手く出来なかったが、その男性に教えられて、今は、かなり上達したと思う。

 それでも、彼女の親しい知り合いでなければ、同じ男性のペニスを咥える事など、僕には出来ないだろう。
 僕の口淫こういんを受けて、その男性のペニスも勃起してくる。
 それから、男性として、本来、その為の器官でない、僕のアナルは、幾ら興奮しても、濡れる事はない。

 男性に、口での奉仕を続けながら、僕は、自らのアナルに、初めてあった時に、その男性に渡されたジェルを用いて、指を挿入させ、ほぐしていった。
 その男性のペニスを受け入れられるように。
 準備が整うと、僕は、コンドームに手をかけ、それを、唇で覆うように男性のペニスに装着していく。

 僕には、大きな範囲で、手を使うことは、許されていない。
 勿論もちろん、始めから、それが出来たわけではないから、徐々に、手の両手にしたら10本の指の代わりに、唇で、舌で、歯で、行えるように仕込まれていった。

 全裸で、四つん這いのまま、彼女の方を向く。
 その男性は、後ろから、僕のアナルにペニスを挿入してくる。
 アナルがその男性のペニスによって、犯されている。
 そして、前からは、彼女のその視線によって犯されている。

 彼女に会うまでは、知らなかったその悦楽。
 性具として、ペニスを持たない、彼女が、代わりに用いられるものがあることは、彼女は知っているが、その道具を使う事は、彼女は好まない。
 やはり、生身の体温を持った実物を好むのだ。

 しかし、実際に感じるのは、彼女自身の体温ではなく、その男性の、コンドーム越しのペニスの熱のみ。
 その感触を、ただ、僕は、アナルを犯される事によって、感じている。
 その男性が、アナルを犯すことに慣れている事もあるのだろうし、何よりも、彼女の視線が向けられている事に、僕は、より興奮し、ペニスを勃起させている。

 男性が、ペニスを抽挿するスピードが増すのがわかる。
 僕の勃起して張り詰めたペニスも、先走りの液を垂らし始めている。
 手を使うことを許されていない今、僕は、そのペニスを自ら慰める事は出来ない。
 けれど、限界の瞬間ときは近付いている。

 彼女のその笑みに、より温かさが増したのと同時に、男性に、より深くアナルの奥を突かれて、僕は、射精していた。
 その男性も、コンドームの内側に精液を吐き出したようだった。
その体勢のまま  すなわち、僕のアナルが、その男性のペニスによって貫かれた状態  彼女が、こちらに向かって、歩を進めてくる。

 彼女が、僅かに付けている、香水が鼻腔びこうをくすぐる。
 彼女の、甘い、匂い。
 彼女は、僕を犯している、その男性に、口付けた。
 僕は、彼女の素足の親指の爪先つまさきに唇を落した。

 男性のペニスが、アナルから抜かれていく。
 コンドームを始末すると、『綺麗にするように』と、再び、ペニスを僕に咥えさせた。
 僕は、舌で舐めあげて、男性が望むようにしていく。
 そうして、男性は、再び、僕の口腔内で、精液を放った。
 僕は、教えられた通りに、その精液を、飲み下した。

 その一連の行為を終えると、男性は、『ではまた』そう言って、去っていった。
 彼女が、『ええ』とそれに対して答えている。

 僕と彼女、二人だけになった。
 僕のペニスは、彼女の香水を嗅いで再び、勃起し始めている。
 それを見て、彼女は、『仕方のない子ね。でも、特別に、許してあげるわ』そう言った。
 僕は、彼女の許しを得て、僕のペニスに指を這わせていく。
 自慰にふけりながら、彼女の視線を感じる。
 彼女に……全て見られている。
 そうして、程なくして、僕は、射精した。

 それを見届けて、彼女は、部屋から出て行った。
 『床を綺麗にしておくように』と言い残して。
 それと残ったのは、精液の匂いと、彼女の香水の匂い。

 直接は、ほぼ触れる事のない、彼女の身体からだ
 だからそれは、未知の世界だ。
 その想像と、彼女の残した香りの中で、僕の欲望は、より掻き立てられ、満たされている。

 そういえば、と。
 僕のペニスに布越しに触れた、彼女の足の感触を、思い出していた。


目次へ

PageTop

『白香桜乱-1-』

 冷たくなってきた風。
 開け放たれた窓に掛かるレースのカーテンがひらひらと揺れている。

 その窓から若干離れたところに、彼女が、僕に背中を向けて立っている。
 腰まで届くほどの長い漆黒のストレートヘアー。
 量が多くないから、その重たさを感じさせない。
 そして、彼女は、白いワンピースを着ている。
 長袖の彼女の腰のラインまでぴったりと浮き出させていて、そこから、膝下くらいまでの丈のワンピースが伸びている。
 彼女の細い体のラインがよくわかる。

 肌の色も透き通るように白く、僕は彼女に自然と吸い寄せられていった。
 背中を覆っている髪の毛も、風に吹かれて揺れる。
 その髪を、真ん中でかき上げるようにして、髪の毛を僕の見えない、胸の方へと持っていく。
 白いうなじが見える。

 僕は、そのうなじに、そっと手を触れた。
 そしてそれから、両手にすっぽりと収まる首に手を回し、首を、少し強く締め上げた。
 それに合わせて、彼女が呼吸を止めたのがわかる。
 けれど、僕は、そのまま、締め付け続けずに手を離した。
 白い肌に、うっすらと赤く手の跡が付いている。

 その首筋に、唇を寄せて、軽い口付けを落していく。
 そして、その白いワンピースの後ろのホックを手で外し、チャックに歯を立てると背筋に沿うように、  そのまま口を使って、降ろしていく。

 下着が、ワンピースから透けないようにと、白地のキャミソールが露になる。
 右腕の方から、袖を抜いていった。
 左腕の袖も抜くと、すとんと彼女の足元にワンピースが落ちた。

 キャミソールも脱がせ、ブラジャーのホックも外す。
 履いているストッキングを、降ろして、一緒に同じように白いハイヒールの靴を脱がせる。
 それらを、床から拾う時、ワンピースも一緒に拾い上げ、横の椅子の背にふんわりと掛けた。

 首筋から、足元へと落していった口付けを、今度は、足元から、徐々に上へと這い上がらせる。

 彼女の、表情は見えない。
 それでも、僕の一連の行為を、受け入れている。
 白い肌に纏った、白いワンピースを全て脱ぎ捨て、素肌をさらした彼女。
 その木目きめの細かい白い肌に吸い寄せられるように、口付けを続けて、うなじまで達した。

 それから、手で彼女に触れようとした。

 その時、一瞬、窓から、強めの風が吹き込んで、レースのカーテンが、舞い上がった。

 刹那せつな、彼女は歩を進め、『寒いわ』そう言って、その姿のまま、窓のところまで向かい、開いている窓の扉を閉めた。
 揺れていた、レースのカーテンの波が止まる。

 きびすを返し、こちらを向いた彼女。
 そのまま、彼女のワンピースを掛けた、椅子へと向かい、そこに腰をおろして、足を組んだ。

 そうして、『さあ』と手が差し伸べられ、声を掛けられる。
 促されるまま、僕は、彼女の足元に跪き、その爪先つまさきに唇を落した。
 その口付けが、膝まで達したところで、彼女は立ち上がった。

 僕の股間は、硬く張り詰めている。
 彼女は、張り詰めた場所に素足を強く押し付けた。
 その刺激に、僕は精を放っていた。

 それを見ただけで十分だったのか、彼女は、僕によって脱がされた下着と、ワンピースを手に取ると、一糸纏いっしまとわぬ姿のまま、部屋を出て行った。

 僕は、そんな彼女の後姿を見つめ、床に膝を付いたまま、僕自身の濡れた下着も気にせずに、再び、熱を帯びてくるのがわかった。

 部屋を出て行く時に、彼女の黒髪が、揺れているのが見えた。
 唇に残った、彼女の肌の感触を確かめるように、僕は、僕の指を、唇にそっと触れてみた。
 けれどそこには、彼女の肌の、柔らかさは残ってはいなかった。


目次へ

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。