暴走書家

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

あるバーのシリーズ(魅力)完

 他人は俺に何を求め抱かれているのだろう。
 色々な人間と、誘い誘われて関係を持ってきたけれど、それが俺にはわからない。
 俺の見た目の良さは重々承知している。
 とびっきり目立つというのではなく、清楚な凛とした美しさ。
 それがある種の人には眼を引く結果となっているのだろう。

 そいつとの関係で、人を抱く行為にも慣れた。
 優しく抱いてくれる、と言ったそいつ。
 俺のセックスのスタンスはそれから変わってはいない。
 そいつが死んでまもなくの間は、忙しさに紛れ、誰とも交わらなかったけど、そんな風に一人で飲んでいる俺に声を掛けてくる人間もいた。

 一夜限りの相手にするつもりはなかった。
 だから、セックスをしても、その後の会話を大切にした。
 けれど何でだろう、恋人という感じにはなれなかった。
 気が合うし、セックスの相性も悪くない。
 『好きだ』とも思う。

 恋愛感情に発展するか、といったらそうではなかった。
 セックスはするけど、フランクに付き合えるところが良い、俺と寝た後必ずそう言う。
 しまいには、『恋人作る気ないの?』とまで聞いてくるのだ。
 でもそれはお互い様だ。
 『そっちこそ、恋人作らないの?』と。

 恋人を作る気がない訳じゃない。
 ただ、そういう人に巡りり合っていないだけだ。
 普通の友達とは一歩超えたところにいる。
 それは、セックスをしたから、というものでもないようだ。

 もちろんセックスをすれば、裸を晒すことになる。
 それでも、踏み込めない何か、が俺の中にはある。
 ガードが固い、そういって、信頼してくれる人間もいる。
 年齢を重ねるにつれ、一歩踏み込んだ友人として、俺に相談してくる人間も増えた。
 俺はそれが嫌いじゃなかった。
 そうやって人に構う事、人と関係を持つ事が心地良かった。

 他人を信頼する事、その事を覚えていった。
 俺が、関係を持つ人間は、他人と一緒にいるのが嫌いではないけれど、一人で色々考えるのが好きな人間が結構いた。
 一人で考えていて、思い浮かんだ事、それを誰かに知ってもらいたくって、俺に話してくる人間もいた。
 そんな関係を、なんと呼んだらいいのだろう。
 恋人では決してない。
 愛人でもない。
 セックスフレンドとも何となく違う。

 ありふれた言葉で言い表すのなら、やはり、友人になってしまうのだろうか。
 他人がどう見ようともかまわない。
 俺と、その人達との関係は何となく複雑なのだ。
 もちろん、恋人ではないから、俺にも、相手にも、他にセックスをする相手がいるのは承知していたし、それで構わないと思っていた。
 別の相手を引き連れながら、店に来て、他の人間と会う。
 それでも気不味(きまず)くなる事はなかった。
 そこはやはり友達なのだろうか。
 その人の友達と、また友達になる事もあった。

 その場合は、セックスが必ずしも介在するケースはない。
 そうやって、俺の交友関係は広まっていった。
 バーを開く際も、そういった友人達にその件は伝えてあった。
 だから、店の売り上げに貢献してくれている人もいる。
 俺が、たまに店に出かけると、そこで、友人に出会う場合もあった。
 店のマスターもその内の一人なのだが、店に通ってきてくれて、店のことを褒めてもらうと嬉しかった。
 マスターも、店に通ってくる客と打ち解けていた。
 俺と言う一人の人間を通して、様々な人間が集まってくる。
 友人の中にはやっぱり本気で恋人を作ろうとしている人もいて、そういう話なんかも、色々聞かされた。
 そうして、恋人が出来てしまうと、何故か、俺に紹介に来るのだ。

 それまでセックスまでしていた相手に紹介なんて普通出来るのか疑問だったが、何故か、そういう事は意に介さないらしかった。
 そしてまた、その人の恋人になった人とも今度は本当に純粋なる友人として話をする事もあった。
 社会で生きていれば、何かしら悩みはつきものだ。
 それを一人で抱え込む人もいるし、打ち明けられる人がいるのなら、相談する場合もある。
 恋人として付き合っていても、恋人だからこそ打ち明けられない悩みだって出てくる。
 人はそれぞれ魅力を持っていると思うし、その魅力を見つけてあげることによって、その人がさらに輝く事が出来る。

 どんな些細な魅力でもいい。
 それは、自分自身では中々気付く事が出来なくって、他人と接して初めて他人によって発掘される事もままある。
 俺が多分、色々な人と交われているのも、それまで出会った人たちが、俺を輝かせてくれているからだろう。
 だって、自分には何故、そんなに、自分のところに人が集まってくるか、全然わからないもの。

 俺は、嘗て、人の嫌な部分だけを見て忌み嫌っていた。
 今だって、全ての人に、好意的に接しられるかというとそうではない。
 そんな負の感情にまみれて、自分が嫌になる事もある。
 けれど俺を受け入れてくれる場所があって、そういう人達がいて、それならば、俺も、その人達の魅力を見つけてあげたいし、その魅力を好きになってあげたい。
 己では蔑んでしまう部分だって、魅力に変わるんだって事。
 その事に気付かせてあげたい。
 それを全部ひっくるめて、その人自身なんだって事。

 俺は、そいつに出会って、ああいう別れ方をして、生きるという事を学んだ。
 実際、今の職業では、死体を相手にする事が多いので、そこでまた、生きる事の重要性を学んだ。
 そうしなかったら、俺は、多分、そいつのようになっていたかもしれない。
 嘗て、誰にも愛される事のなかった俺。
 そんな生に執着する事なんか考えられなかった。

 だけど、今は違う。
 沢山の死に触れて、だからこそ生きているんだと思える。

 宝石商の友人が、『なんで、そんなイミテーションのピアスをしてるの? 貴方なら、本物だって手に入れられるのに』と尋ねられたけど、やっぱり、このピアスは俺にとって重要なのだ。
 確かに、イミテーションかもしれないけれど、俺には本物の宝石より価値があるものなんだ。
「ぱっと見には、貴方がしていると、イミテーションには見えないよね。」

 それを、本物以上に輝かせて見せる。
 沢山の魅力溢れた人間に囲まれて、俺は生きている。
 そうして輝いていると信じている。

 それはいつまでも色あせる事のない宝石。
 どれだけ歳をとっても、人は魅力的に生きられるのだ。


目次へ

スポンサーサイト

PageTop
 

コメントコメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。